CURRENT PRODUCTION

バクソーセレナーデagain
バクソーセレナーデagain

Opcebo 第4回公演
『バクソーセレナーデ』
 

“生きているって、なんてダサくて、なんて素敵なんだろう!”

大都会で男になると故郷を離れた青年が8年ぶり帰郷し、平凡な日々を送っているかつてのヤンチャ仲間たちと再会する。憧れ、嫉妬、懐古、恋心、様々な想いが台風のように渦巻き吹き荒れ彼らを翻弄する。そして魂が震える奇跡の夜が訪れる!

熱く間抜けだけど愛おしい若者達が松本うらまちを疾走する
センチメンタル・ハードボイルド・コメディ!!

 

2021年10月、満員のお客様から絶賛に次ぐ絶賛を博した「バクソーセレナーデ」が2022年の新春を彩るべく上演決定!

この機会にTEAM Opceboが巻き起こす

“うらまち発の小劇場ムーブメント”に是非触れてみてください



<作演出>  
KS labo
 
<出演>   
TEAM Opcebo  : 砂月夏輝 岡田健 大内杜夫

みこえまゆ 春来成実 咲衣

/清水陽可璃 熊谷歩志 廣田謙一(幻想劇場◎経帷子)


名和利志子 (KN WORKS)
     
<日程>   
2022年 
 1月7日~10日 

1月7日(金)19:30 

  8日(土)14:00 18:00

  9日(日)14:00 

  10日(月)14:00

上映時間 90分予定
                   
*開場は開演時間の30分前です
小さなスペースのため開演の10分前までの到着を目安にご来場ください
未就学児童のご来場はお断りする場合もございます
 

<会場>

スタジオ365松本うら町 

(松本市大手5–4–5魚長ビル2F)

<料金>
一般 3000円

(ペア割:2名以上でお申し込みの場合、1枚につき500円割引)
高校生以下 1500円



<問い合わせ>
opcebo.world@gmail.com

<スタッフ>
作演出:KS Labo      
宣伝美術:中塚健仁
照明音響オペレーター:岡田直輝
衣装:maruko    

Special Thanks:田中郁子/熊谷真由美[Doon食堂印度山]/佐藤文子
協力:県陵31やまびこ会有志一同/まつもと演劇連合会/チーム皐月/滝沢重人/飯田譲二/山野井一郎/田中俊博/黒沢和江/池田あゆみ/辻村正子/西森尚己/永吉さやか/中嶋ゆき子/久保田香澄/平田千春/木下利美

後援:松本市 松本市教育委員会 長野銀行

企画:KN WORKS
プロデュース:林勇次 
主催:信州松本うらまちレジリエンス・プロジェクト

​チケットはこちら!